お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > お受験コラム! > Vol0001 幼児教室マナーズ 南坊まどか先生3
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
お受験コラム

Vol0001_3 幼児教室マナーズ代表 南坊 まどか先生

小学校受験は、中学受験の小型バージョンではありません。

幼児教室マナーズ代表 南坊 まどか先生

古今東西を問わず、レベルの高い教育熱心な家庭では、愛する我が子を正しい道、より良い道に導きたい!賢い子どもに育てたい!と真剣に願っています。
しかし、時代の変化と共に、何事も「じっくり」というよりも、スピード感を持って「最少の努力で、最大限の効果を得たい!」という願望が親達の間で強くなってきているのが現代です。

今、多くのご両親は、子育てのために熟考し、ご自分達の子育て観を時間をかけて話し合い、試行錯誤をして育てる、よりも、とりあえずは、まわりの同質の人達が進んでいく方向に、そして少ない努力で大きな効果を熱望して進んでいかれる・・・「まあ、それでいいんじゃない?」「みなと一緒が一番安心よね」という安易な選択になっているようです。

そして、付け加えるならば、みなと一緒に同じように歩を進めていくうちに「むー・・・これは少し違うかな?何だか、これではおかしいんじゃないか?」と不安を感じ始めたとしても、結局は、自分達だけ歩を休める勇気もなく、また、一からやり直し、別の方法、別の方向を模索するためのエネルギーも使いたくはない・・・だから、まあ、これでいいよね・・・と感じる、のですね。

こうして、大多数の小学校受験を思い立ったご家庭は、確固とした信念を持つまでもなく「とりあえずは」走り出す・・・
「小学校受験は、中学受験の小型版」という勝手な思い込みを検証することもなく、そういうウワサ?情報?を鵜呑みにして準備を始める・・・
でも、こんなことで良いわけはありません!

小学校は、大切な我が子の教育の「第一歩」です。そんな大切な小学校を考える時、親が「とりあえず」で進み始めることは、子どもへの冒涜である、と感じませんか?

小学校受験であっても、中学受験であっても、我が子がその学校から合格をいただいた瞬間、学校と子どもは結ばれ、そして同時に、子どものみならず、ご両親もその学校の「世界」の中に組み込まれていくのです。こういう図式は、公立校の世界観の中には存在しません。

私立校の世界とは、在校生のみならず、在校生の保護者、毎年輩出される卒業生、卒業生の保護者達・・・この膨大な数の「その学校、縁(ゆかり)の人」によって積み重ねられた「学校の伝統と校風」です。
わかり易く言えば、我が子の合格と同時に、両親もその学校の大きな輪、大きなファミリーの中に入り、子どもと共にその学校の「看板」を背負うのです。親には制服こそありませんが、○○小学校のお父様、〇〇のパパ、△△中学校のお母様、というような呼ばれ方をし、世の中からも一種独特の目で見られます。その目は、好奇の目であり、興味の目であり、時には羨望の目でもあるでしょう。

中学受験の場合には、すでに子どもが12歳という年齢であり、親が学校に出向くことは小学校と比較すれば極端に少なくなります。ですから、あまりそういう「世界観」や世間からの「目」を実感する機会は少ないでしょうが、私立小学校の場合には、きっと「親も学校の大家族の一員」ということを肌で感じるチャンスは多いことと思います。

こういう私立小学校(一貫校の場合には、小学校に限らず、学校全体)の世界観が理解できれば、小学校受験の考査が「子どもの知育的要素」だけで選抜されるものである、とは思わなくなるでしょう。私立小学校と家庭とは、子どもの考査の結果だけではなく、学校とご家庭とのフィット感によって結ばれるものです。
つまり、小学校受験は、学校と子ども、学校と家庭、この2本立て、2本柱、なのですね。

さまざまな子どもが受ける考査、たとえばペーパー、個別試験、グループ行動、運動、絵画、制作、等々を通じて、子どもが「どれだけの聞く力があるか?」「どれだけの理解力を持っているか?」「どれだけの表現力があるか?」「どれほど努力のできる子どもか?」「根気はあるか?」「協調性はあるか?」「真面目か?」「集中力はあるか?」等々、子どもの多方面での力が見られ、同時にその子の人柄、思考に基づく行動等を検証します。

保護者の中には、「そんな短時間で、子どもの多くのことが見抜けるわけがない」と猜疑心でいっぱいの方も多いでしょうが・・・やはり、子どもの「素顔」は随所にあらわれるもの、ですよ。子どもは、大人が思っているほど「装えない」もの。よほど子役として訓練を受けた名子役以外は、ああしなさい、こうしなさい、という「猫をかぶせる行為」は通用しません。
こんな時にはこうしなさい!こんな時にはこう言いなさい!とノウハウを仕込まれたとしても、咄嗟の場合、自分の行動や思考に熱中した場合などには、まさその子の「素顔」が見え、「素」の行動をとるものです。そして何よりその「素」は、5年、6年の長い家庭生活の中で自然に身に備わったものですから、1年や2年、教えこまれた通りには振る舞えません。また、そう振る舞う意味とは何なんでしょう?この「子どもの素・子どものありのまま」が1本目の柱、です。

 そして、2本目の柱は「家庭環境や両親の教育観による学校とのフィット感」です。
学校側がご家庭に課す願書やアンケートによって、各家庭のあり方、ご両親の考え方等を事前にチェックし、その子の成長に大きく影響を及ぼす「家庭環境」を考証します。それを確かめるために、実際に両親や子どもに会い、面接として直接に親子に触れ、話し、その家庭をご覧になります。

  南坊まどか先生 プロフィール
幼児教室マナーズ代表 南坊 まどか先生 幼児教室マナーズ代表(神奈川県横浜市港北区日吉本町 1-23-9 タケノビル3階)
1958年生まれ。大阪府堺市出身。
幼児教室マナーズホームページに南坊先生の詳しいプロフィールが掲載されています。ぜひご覧下さい。
 →「お受験コラム」一覧ページへ戻る