小学校受験・幼稚園受験・優良幼児教室探しの専門情報サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 総合トップ > 小学校情報トップ > 入試ってどんなことをするの? > 工作・巧緻性テスト編
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
入試ってどんなことをするの?

  ★工作・巧緻性テスト編★

一人ひとりが作る試験と、集団制作の試験があります。
工作や巧緻性のテストでは、紙コップや割り箸、ストロー、たこ糸、モール、折り紙など様々な材料を使います。それらをハサミで切ったり(手でちぎる場合もあります)、ノリやセロハンテープで貼ったりして指示されたものを作ります。色を塗ったりシールを貼ることもあります。

手先の器用さや道具の使い方も見られますがやはりここでも「指示が聞けているか」「それが理解できているか」は見られています。

工作の時には、道具が人数分用意されていない場合もありますので、「譲り合うこと」が出来るかどうかも見られています。

具体的には、
 ・点線をなぞる
 ・指示されたものを作る。(ハサミで切る、ノリを使うなど)
 ・ひもしばり(ちょう結びなど)
 ・ 箸でビーズや大豆をつまんでお皿に移す。
 ・ひも通し
 ・紙をちぎる
 ・粘土を使って好きなもの(または指示されたもの)を作る。

等があり、さらにそれぞれを複合させて行う場合もあります。
工作テストで作ったもので、後でみんなで遊ぶというテストも出題されています。

工作の場合は「ゴミ」が出る場合もあります。そのまま散らかしっぱなしはよくないですね。
しかし、指示があってから片付けや、ゴミ捨てをした方が良い場合もありますから、良く先生のお話を聞きましょう。

何か作品を作る場合は、時間内に出来上がる方が望ましいですが、その過程で「諦めずに臨んでいるか」「指示が守れているか」が重要ですので、最後まで頑張りましょう。

先生が一度行って見せてから、実際に試験に取りかかるところがほとんどです。

※このページは新しい情報が入り次第、随時追記していきます。

>> 「入試ってどんなことをするの?」トップへ

取材協力:
AO幼児教室・エミール幼児教室・幼児教室ゆうかり