お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > 私立小学校校長先生インタビュー > 開智小学校(総合部)
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
私立小学校校長先生インタビュー

校長先生インタビュー

開智小学校(総合部) 那須野 泰 校長先生

開智小学校(総合部) 那須野 泰 校長先生

開智小学校(総合部)

開智小学校(総合部)
■ まずは校長先生のプロフィールをお聞きできますか?
学童保育、幼稚園などの教育現場での指導を経て、高校教諭、養護学校教諭、1996年より開智中学高等学校教諭、その後中高一貫部設立準備委員として一貫部を設立しました。
2000年より小学校開設準備のため能力開発室長に任命されて、2002年より開智小学校設立準備委員長、2004年開校後は校長を務め、現在に至ります。著書に「こんな小学校をつくります」などがあります。

■ 建学の精神についてお聞きできますか。
自分たちで課題を見つけ、それを解決する方法を考えていく「探究的な学び」と、それぞれの子どもが自分の考えだけでなく他者の多様な考えを理解し、認め、実際に問題を解決していく「協働的な学び」を原理とし、さらに、その実践が高いレベルで学ぶための「深い理解を伴う知識」と融合して、私たちの目指す学びになります。
『国際社会に貢献する、心豊かな創造力発信力をもったリーダーを育てる』これが建学の精神、我々を支える理念になります。

■ 貴校が望む家庭像およびお子様はどのようなことですか。
子どもたちに「自分のことを大好きになってください」「自分のことが好きな子は、他者の良いところをたくさん見つけられる人です」と話しています。私たちは目の前にいる子どもの魅力から物事を組み立てていきます。互いに一人の考える人として認め合うところから。生活の中で考えることがきちんとなされ、思考する力が育っていれば、探求する心さえあれば、どこでだって、どこまでだって学べるのです。
共に学び舎をつくっていく仲間を求めています。

■ カリキュラムや授業のポイントは?
全ての教科を通して「探究型」の授業実践に取り組んでいます。
例えば、算数・数学の授業では、「なぜ」「どうして」と考えることを、物事の概念や定義を使って、週5〜6時間実践しています。ただ計算の仕方を教えるのではなく、どうしたらいいのかを、それまでの知識を使って考えるのです。
また、英語に関して、1年生から音楽や図工の授業をネイティブと日本人教師との合同授業で週2時間、さらにネイティヴ単独の授業が3時間あり、子どもたちの好奇心を高める読み書き聴く話す活動を展開しています。

■ 貴校ならではの学校自慢はございますか。
自慢は目の前の一人ひとりの子どもたちの魅力です。
キリがないのですが、例えば、各学級に置いてあるボールの名前が消えかけていて、書き直した行為に、下級生からのありがとうの一言。それが喜びとなり、人のために何ができるかをこれからも考えていきたいという報告がある。開智小学校の学びは人のためにと発想することから始まります。その豊かさに気づき、学べる人は普通の大人。学び続けられて市民。日常の小さな小さな行為の積み重ねでしか行き着けない場所に連れて行ってくれる子どもたちです。

■ 進学への取り組みはいかがでしょうか。
センター試験が廃止され、新しい共通入試となります。新しい入試は「思考力・判断力・表現力」が問われ、記述式問題が多くなります。英語は4技能、特にスピーキング力が問われ、推薦入試が増加するでしょう。
具体的に何を学び、何ができるのか、自らの学びは自ら説明する力が求められます。面接も重視されます。小集団で議論し、まとめ、プレゼンテーションまでが求められます。その小集団に参加する条件は、深い理解を伴う、高いレベルの知識です。この試験は開智生に最適なものだと思います。小中高12年一貫教育の中で、自らの進路を見据えて、希望する大学へ進学できるように、サポートしてまいります。

開智小学校(総合部)

開智小学校(総合部)

開智小学校(総合部)
開智小学校(総合部)

開智小学校(総合部)

開智小学校(総合部)
■ 新型コロナウイルス対策で休校となりましたが、その間はどのような対応をされていましたか。
本校では新年度に入った4月より、オンライン授業を行っております。1人1台所有しているタブレット(iPad)や、ご家庭の端末を使用していただき、zoomを利用した双方向での授業を行っております。
また、様々な学習支援アプリケーションを活用して、課題の配信や提出・添削も行い、通常の授業に近い形で学習を行うことができています。新1年生も含めた全学年の児童生徒が、規則正しい生活を送り、学習課題に取り組むことができており、先生とも毎日顔を合わせることで安心にも繋がっているようです。

■ 入試内容や日程の変更について検討していらっしゃいますか。
本校の入試は、「得意を評価する」「楽しい」入試です。
「ペーパーA」「ペーパーB」「作業」「運動」「行動観察」「面接」「自己発信」と、様々な種目を用意しておりますが、これは子どもたちの「得意」を評価するものです。ぜひ楽しんで本校の入試にチャレンジしてもらいたいと考えています。
現時点での入試日程については、最新情報を本校HPにて告知いたしますので、そちらをご確認ください。

■ アフタースクールについてお聞きできますか。
外部協力機関に委託する形で、「学童保育」と「プログラム(習い事)」を複合した「開智アフタースクール」を運営しています。
「学童保育」は、通常18時30分までの専門スタッフによるお預かりを実施しており、おやつを食べたり、宿題をしたり、自由に遊んで過ごします。また、夏休み冬休み等の長期休業期間も、平日はお預かりを実施いたします。
毎日開講される様々なプログラムには、音楽系(ピアノ・ヴァイオリン)、芸術系(書道・茶道など)、運動系(チアダンス・体操・サッカーなど)、学習系(英語・プログラミング・科学など)など、幅広いジャンルの講座が用意されており、お子様の希望にあわせて選択することができます。

■ 入学希望者の皆様へメッセージをお願いします。
説明会に来た保護者の方からは、『こんな小学校があるなら、自分が通いたかった』という声を多くいただきます。「4-4-4の12年一貫教育」や「異学年齢学級」など、独自の取り組みについては、本校HPでくわしく紹介しております。
学校行事や説明会等の最新情報もHPで発信してまいりますので、ぜひ一度アクセスしてみてください。

本日はありがとうございました。
  開智小学校(総合部) 概要
開智小学校(総合部) ■所在地:埼玉県さいたま市岩槻区徳力186
■電 話:048-793-0080(プライマリー職員室)/048-793-3822(セカンダリー職員室)
■最寄駅:東武野田線(アーバンパークライン)「東岩槻駅」北口より徒歩15分またはスクールバス
     ※さいたま新都心・浦和美園・東川口駅からもスクールバスを運行
■HP https://kaichigakuensougoubu.com/
校長先生インタビュートップ頁へ戻る