お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > 私立小学校校長先生インタビュー > 関東学院六浦小学校
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
私立小学校校長先生インタビュー

校長先生インタビュー

関東学院六浦小学校 澤 章敏 校長先生

関東学院六浦小学校 澤 章敏 校長先生

関東学院六浦小学校

関東学院六浦小学校
■ まずは校長先生のプロフィールをお聞きできますか。
1961(昭和36)年、横浜生まれです。実家は生花店でした。小学校は横浜の公立、中高は浅野、中学ではサッカー部、高校ではボクシング部、個人で極真空手の道場へ通っていました。早稲田大学第一文学部に進学し、「なべの会」という野草を食べるサークルで、ハイキングに行って野草調理をしたり、山登りも経験しました。そのためかほんの少しですが料理もします。私専用の中華鍋と包丁があります。
小学生のころから歴史が好きで、大学・大学院で中国古代史(三国時代)・宗教史(道教)の勉強をしました。大学院在学中から関東学院六浦中学校・高等学校で社会科の非常勤講師、その後専任教諭として30年勤めました。弓道部顧問が長く少しですが弓が引けます。そのほか茶道部・写真部・生物部・吹奏楽部の顧問も経験しました。茶道部では三渓園のお茶会で足がしびれて立てなくて困ったことが記憶に残っています。現在の本校在校児童の保護者に六浦中高時代の教え子が何人もいることはとてもうれしいことです。
教頭を務めた後、関東学院六浦小学校の校長に就任し、今年で4年目です。かわいい子どもたちと毎日楽しくすごしています。

■ 建学の精神についてお聞きできますか。
キリスト教の教えを建学の精神としています。
関東学院は1884年横浜・山手に設立された横浜バプテスト神学校を源流としています。関東学院六浦小学校は今年創立71年をむかえ、初代学院長・初代校長である坂田祐が定めた「人になれ 奉仕せよ」を校訓としています。キリスト教の教えによって人格を磨き、キリストの愛の精神をもって他者のために奉仕する。本校はそのような人材を育成すべく教育を行っています。
児童たちは小学校を卒業すると、中学・高校・大学へと進み、やがて社会に巣立っていきます。卒業から10年後、20年後に、世の中に奉仕する、社会貢献のリーダーとなる人材になっていってほしいと思います。日々の礼拝、聖書の授業、キリスト教行事はもちろん、学校生活全般においてキリスト教に基づいた人間教育を行い、奉仕する心を育てます。同時に、実際に社会に奉仕するためには、奉仕する心とともに、現実的な手段・方法、奉仕できる能力、行動に移せる実行力を持たなければなりません。将来、活躍する場を確保するための学力が必要です。そのための基礎学力を養成します。10年後、20年後を見据え、キリスト教に基づいた奉仕する心と、奉仕できる力を身につける、これが本校の目指す教育です。

■ 「六浦小モデル」についてお聞きできますか。
少人数制(1クラス20〜25人)という大きな魅力を生かした、一人ひとりの個性が伸ばせる教育プランです。
学習の個性化である「わたしのパレット」、自己表現の個性化である「わたしのポケット」、学校生活の個性化である「わたしのドア」の3つの柱を軸に教育を行っています。

■ 六浦小モデル三つの柱について、もう少し詳しくお聞かせください。
1つ目の柱の「わたしのパレット」についてですが、2019年度から、学級全体で行う一斉授業をベースに、教科や単元によって「私のパレット」(選択型授業や複線型授業)を実施しています。この授業では、いくつかのコースに分かれますが、教員が決めるのではなく子どもたちが自分でコースを選びます。どちらのコースを選んでも、ゴールにたどり着くまでの学び方が違うだけで、出発点とゴールは同じです。
例えば、6年生で行った選択型授業では、発展的な内容のぐんぐんコースと基礎的な内容のじっくりコースで行いました。同じ円の求積公式を学習する”授業でも、様々な等積変形を用いて公式を導くぐんぐんコースと、教科書と同じ求め方をベースに、ハンズオンマスを取り入れて、丁寧に公式を学ぶじっくりコースを用意しました。その後、一斉授業では、習った公式を用いて、演習を進めていきました。この実践により、”覚える”算数から“考える”算数の展開となり、わかる・できる楽しさを児童は感じていました。
「私のパレット」で大切にしていることは、「自分で選んだ」という主体性です。どちらのコースや課題を選んでも、「自分で選んだから頑張ろう」という気持ちがモチベーションにつながります。少人数になればなるほど能動的になり、自分が参加者であるという意識も高まります。実験などでは道具に触れる時間も長くなり、教員との距離が近くなることで恥ずかしがり屋の子でも発言しやすくなるのです。一斉授業ではひかえめな子たちも、「私のパレット」の授業で少人数になれば生き生きしてきて、自分たちで答えを導くようになり、授業も活発になりました。そして、少人数で学習したことが楽しさや自信につながり、少人数から一斉授業に戻ったときにも活かせるようになるのです。それが、「私のパレット」の魅力だと思います。
2つ目の「わたしのポケット」ですが、教科という枠を越えて、子どもたちが本当にやりたいことのために時間や設備を確保して、思いきり追及していくのが「私のポケット」です。自分の「好き」をのばせる総合的な学習の時間になります。自分で調べたり、自分のやることを自分で見つけたりすることは難しいですが、子どもたちが成長していく中でとても大切なことだと思います。児童の取り組みの一部をご紹介いたします。
● 4年生男子児童「釣りのコツ」
「おじいちゃんと釣りに行くと、おじいちゃんばかり釣れるのが悔しかったので、釣りのコツを調べました。魚の動き方やどうやってエサに食いつくか、インターネットや本で調べたことを1つずつ試していくというやり方です。エサを揺らしすぎていたから釣れなかったと気付くことができ、改善したら釣れるようになりました。前は全然釣れなかったのに、今は1時間に2匹ぐらい釣れます。調べたことを実践して釣れたときが、一番うれしかったです。」
●5年生男子児童「警察官の採用試験」
「小さいころからヒーローが好きで、だんだんと警察官や自衛隊など、誰かを守る仕事がしたいと思うようになりました。今は警察官になりたいと思っているので、採用試験の過去問を解いてみることにしました。問題は難しいですが、自分で解けるものもあります。例えば、公倍数を使う問題は算数で習ったので解けました。頭をひねれば解ける問題もあります。解いた後は解説を読んで、間違っていたところをもう1度解きなおしてわかるまでやります。絶対警察官になりたいので、知識を増やしてすべての問題が解けるようになりたいです。正解できたらうれしくて、難しい問題ほど解けたときのうれしさが大きいので、難しい問題にも挑戦していきたいです」
●4年生女子児童「リンゴの種類と育て方」
「3年生のとき、授業でミカンのことを調べたのがとても楽しかったので、今度はリンゴについて調べてみようと思いました。一番小さいリンゴと一番大きいリンゴの大きさを比べたかったので種類を調べて、姫リンゴと世界一というリンゴの実物大模型を作りました。世界一というリンゴが、こんなに大きいなんてビックリです。模型のほかに、リンゴの種類や育て方を冊子にまとめて、新聞も1枚作りました。ミカンと同じように、リンゴにもたくさん種類があると知ることができて楽しかったです」
3つ目は「わたしのドア」です。「学校生活の個性化」をテーマに施設改修などを進めていく「私のドア」では、4階のライブラリーとギャラリーに着手しています。ライブラリーは夏休み中に間取りを大幅に変えて、2つの部屋を連結して広い空間になりました。ライブラリー前の廊下は、西から東まで連結して避難経路を確保。古くなっていた書架を新しいものにして、蔵書も増やしました。ライブラリーを「本の森」にするべく、おおきなシンボルツリーを入れて、座り心地のいいソファを導入する予定です。4階に行くだけでわくわくするような、下の階とは違う世界にしたいので、子どもたちの力も借りて「本の森」のイメージに沿った空間にしていきたいです。

■貴校ならでの学校自慢はございますか。
いくつかあげさせていただきますと、
・お祈りで始まり、お祈りで終わる学校生活を送っています。聖書や礼拝を大切にして、一人ひとりが神様に愛されている大切な存在であることを伝えています。
・同じキャンパス内にこども園、中学高等学校、大学がありますので、それぞれと連携して教育を行っています。例えば、大学の看護学部でいのちの授業を受けています。妊婦体験をしたり、実際に赤ちゃんを抱っこしたりすることで、命の尊さ、他人を思いやる心を学びます。
・サッカーコートが一面取れる大きな人工芝のグラウンドがあります。休み時間には制限なく外遊びをすることができます。また、水はけがとてもいいので、雨が上がればすぐにグラウンドに出て、思いっきり体を動かすことができます。
・送迎ロータリーがあり、自家用車による登下校が可能です。
・希望者申し込み制のお弁当サービス「マナランチ」があります。週3回、5回から選び、半期ごとの申し込みです。同じキャンパス内で作られたお弁当が提供されます。栄養面、見た目にこだわった、成長期のお子様にぴったりのお弁当です。
等があげられます。

■ 内部推薦、中学受験への取り組みについてお聞きできますでしょうか。
関東学院には、2つの中高一貫校が設置されています。関東学院六浦中学校・高等学校と関東学院中学校高等学校(通称「三春台」)です。
本校からの内部推薦入学は六浦中高のみでしたが、2020年度入学生から三春台中高への推薦もできるようになりました。ただしこちらは少人数枠です。6年生のおよそ60〜70%が六浦中高へ推薦入学、30〜40%は他の私立中学ないしは公立中高一貫校・国立大学附属等の外部受験をします。
本校では外部中学受験を対象とする授業・補修等は行っていません。ただし進学塾で受験勉強にとりくむ前提となる基礎学力は確実に身についています。

関東学院六浦小学校

関東学院六浦小学校

関東学院六浦小学校
関東学院六浦小学校

関東学院六浦小学校
■ 新型コロナウィルスでの休校中はどのような対応をされていますか。
休校期間中は、学習課題・生活課題を郵送し、授業動画を配信して課題学習の解説等を行い、プリント等を返送してもらって添削しました。また、Zoom利用のオンライン朝の会により、担任とクラスの児童がオンライン上で顔を合わせて心の安定をはかり、健康状態や学習状況を確認するほか、ゲームなどでリラックスする時間を持っています。
また、担任から一人ひとりに「ラブレター」を郵送、電話で話すほか、誕生日を迎える児童には校長からバースデーカードを送りました。
保護者の皆様からはスクールカウンセラーや日直教員への電話相談をうけたほか、24時間対応の緊急連絡もうけられる体制をとりました。
医療関係などで在宅勤務ができないご家庭の児童は「放課後預かりカナン」で8:00〜19:00までお預かりしました。
このほか、ホームページに一般の方からも視聴可能な、全教員による「全校体操(運動会のオリジナル体操)」や体育授業、理科実験の動画を配信しました。

■ 現時点(2020/6現在)で、入試内容や日程変更の予定はございますか?
変更の予定は、現段階ではございません。変更がありましたら、本校ホームページにて、随時お知らせいたします。

■ アフタースクールはどのような内容で行っておられますか。また、利用率はどのくらいでしょうか。
お仕事をお持ちの保護者の方の子育て支援のため、毎日放課後預かりと、学校休校日の平日の朝からの預かりを有料で行っています。夏休みなどの長期休校日にも開校しています。
カナンの休校日は、土日祝日と盛夏休校日と年末年始です。

■ 入学希望者の皆様へメッセージをお願いします。
「『のびる』を伸ばす小学校」です。子どもたちは一人ひとりが神様から与えられた賜物を持っています。子どもたちが自己を伸ばしていくのを私たち教職員が全力で支援しています。自然豊かな環境のもと、子どもたちは生き生きのびのび学び、休み時間には、サッカーコート1面がとれる専用人工芝グラウンドで思いっきり遊んだり、森のような図書室で読書をしたり、中には校長室で将棋やかるたをして過ごす児童もいます。
キリスト教に基づいた人間教育を行い、校訓「人になれ 奉仕せよ」を実現できる人材の育成を目指しています。学校生活全般においてキリストの愛の精神をもって他者のために奉仕する心を育てます。 他者のために役立つには現実的な能力・実行力が求められます。それを裏付ける全人的な学力を育てます。キリスト教に基づいた奉仕する心とともに、奉仕できる力の基礎を身につける、これが本校の目指す教育です。
2019年度から始めた「六浦小モデル」は「私の『ポケット』」「私の『パレット』」「私の『ドア』」の3 プロジェクトを柱として、子どもたちが生き生きと個性をのばしていかれる取り組みです。
子どもたちは、キリスト教の愛の精神にふれ、「喜びを分かち合う」心をもって学校生活を送っています。 「『のびる』を伸ばす小学校」がみなさまをお待ちしています。

本日はありがとうございました。
  関東学院六浦小学校 概要
関東学院六浦小学校 ■所在地:神奈川県横浜市金沢区六浦東 1-50-1
■電 話:045-701-8285
■最寄駅:京浜急行・シーサイドライン「金沢八景駅」より京浜急行バス(関東学院循環)「関東学院東」下車徒歩2分
■HP https://www.kgm-es.jp/
校長先生インタビュートップ頁へ戻る