お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > 私立小学校校長先生インタビュー > 相模女子大学小学部
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
私立小学校校長先生インタビュー

校長先生インタビュー

相模女子大学小学部 川原田 康文 校長先生

相模女子大学小学部 川原田 康文 校長先生

相模女子大学小学部

相模女子大学小学部

相模女子大学小学部
■ まずは先生のプロフィールをお聞きできますか。
年齢は58歳です。神奈川県内の中学校の教諭、神奈川県教育委員会指導主事、横浜国立大学准教授、立命館小学校教諭などを経て現職です。18年前から、レゴのロボットキットを使ったカリキュラム開発と自作のテキストを作成しています。また、ロボットの国内および国際大会の運営等に携わっています。世界で初めて人型ロボットPepper(ペッパー)を活用したプログラミング授業を小・中学校教育に導入しました。
ソフトバンクが実施しているPepper社会貢献プログラム、IoTチャレンジの教師用指導書の監修・執筆も手掛けています。
またコーチングの資格(エグゼクティブ コーチ)も取得しています。


■ スクールコンセプト「毎日会いたい友達がいる 毎日受けたい授業がある」についてお聞きできますか。
相模女子大学小学部では、少人数教育によるきめの細かい指導を行うとともに「魅力ある授業」「わかる授業」に取り組み、確かな学力の定着と習得をめざしています。
日々の教育活動の充実を図るとともに、学校行事や校外学習などを通して多様な教育活動を創造し、子どもたち一人ひとりの感動体験を大切にしながら、課題に対して粘り強くチャレンジする自ら学ぶ子どもの育成に取り組んでいます。キラリと光る子どもたちの発想を教員が見逃さず、取り上げます。子どもたちの笑顔を大切にします。情操豊かで、次代を担う児童の育成を大切にしています。

■ 貴校が望む家庭像およびお子様はどのようなことですか。
相模女子大学が目指す子ども像は、「自分でできる子」です。自分で考え行動できる人材。つまり「小さなエンジンを持った人材」を育てたいと考えています。
つまり、日頃より、友達と仲良く遊べる子・熱中するものがある子・困っている子がいたら声をかけられる子・素直にありがとうと言える子を望みます。
家庭も子どもの成長を期待し、大人のペースで子どもを動かすのではなく、子どもの行動をじっと見守れる保護者であってほしいと考えます。そして、学校に協力していただける家庭を希望します。

■ カリキュラムや授業のポイントは?
相模女子大学のキャンパスは、広さ東京ドーム4個分の広さがあります。相模女子大学のキャンパス内は、それぞれの季節で見られる素晴らしい自然があります。キャンパス内の様々な木々や草花、池やビオトープ周辺にいる小さな生き物など、子どもたちの限りない探究心の育成には、とても素晴らしい環境です。
何と言っても、学校生活に多彩な教育プログラムを組み込んでいる点です。
以下が特徴です。

・考える学習を大切にし、表現力を育てる授業を展開
・少人数制の学級(1学級28名程度)
・将来にわたって重要と考えるコミュニケーションスキルと生きる力を育む「つなぐ手」の学習
・将来の社会を見通してプログラミング、LEGOとiPadを使った国際水準の学習を実施
・ICT機器を活用した学習の推進
・グローバル人材としての基礎を築く英語学習や国際交流
・英語の授業に取り入れたオンライン英会話
・各学年で行われている体験学習や宿泊学習、学校行事

など、様々な学習が、子どもたちをさらに大きく成長させています。
今年から「探究の時間」を設定し、子どもたちの学びをさらに広げます。

■ 貴校ならではの学校自慢はございますか。
相模女子大学小学部は、大きなキャンパス内には、幼稚部から大学院までありますが、中には仕切りがありません。小学部には、ヤギのバニラやモルモットがいて、みんなのアイドルです。みんなで協力して世話をしています。
子どもたちの将来に必要な力とは何か、を常に考えカリキュラムを作成して授業を行っています。新しいことにもチャレンジします。勉強熱心な先生方と子どもらしい子どもたちがたくさんいます。そして、楽しい興味の湧く授業や体験活動を展開しています。
休校中のオンライン授業は、先生方にとって初めてのことでしたが、工夫が凝らされたコンテンツがたくさんできました。

■ 附属中学への進学に際しての特典はございますか。また中学進学(受験)への取り組みはいかがでしょうか。
相模女子大学中学部は女子校です。女子で希望する児童は、試験なしで校長推薦として進学することができます。男子は、ほぼ100%が私立中学校に進学します。
進学指導として、授業後に担任による追加の補習も行っています。いくつかの中学校に対して、推薦枠を持っています。(今後も増やしていく予定です。)
また、本学のアフタースクール「放課後クラブ」では、受験指導をする促進コースがあり、ゆとりのあるプログラムで受験を目指しています。

相模女子大学小学部

相模女子大学小学部

相模女子大学小学部
相模女子大学小学部

相模女子大学小学部

相模女子大学小学部
■ 入試内容や日程の変更について検討していらっしゃいますか。
現在の段階ではまだ、変更は予定していません。今後の状況を見て変えます。
受験者の子どもたちにとって、大変にならないようにしたいと思います。変更する場合は、事前にお伝えします。
状況に応じて・・例えば、親子面接は、Webで実施します。
今回、学校説明会も中止としました。学校説明会の内容は、各担当が作成したビデオを公開します。また、個別面談はWebで実施させていただきます。
また、保護者で個別面談をご希望される場合は、個別に対応させていただきます。学校問い合わせメールアドレス(sho@mail2.sagami-wu.ac.jp)にお願いします。

■ 新型コロナウイルス対策で休校となりましたが、その間はどのような対応をされていましたか。
2月28日から休校としています。
3月23日・24日に、補講を行いました。3月中はプリントで子どもたちの学びを続ける対応でしたが、4月9日から先生方の自作授業ビデオを配信しています。全保護者にGSuiteのアカウントを配付しています。連休明けから、Google Classroom、meetを使って相互通信の時間を取り、学級でのコミュニケーションの時間や質問受け付けも行なっています。
また、1学期の行事は全て中止。夏休みは8月8日からとしています。
 ※オンライン授業の様子は下記をご覧ください。
  → Webで授業配信を頑張る先生たち
  → Google Meetを使って、子どもたちとコミュニケーション

■ 先ほども少しお話が出ましたが、アフタースクールについてお聞きできますか。
敷地内に放課後クラブというアフタースクールがあります。
放課後クラブは、学力はもちろん「勉強プラスワン」をサポートし、個性の育成をめざす1年生から6年生までの、放課後サポートスクールです。入室後すぐに、学校の宿題を行うことにより学習習慣を身につけていきます。
その後、『放課後コース』『英会話コース』『学力アップ促進コース』に分かれて、プログラムや授業を行います。帰りは相模大野駅までスタッフ引率による集団下校を行います。
20時までお預かりが可能です。長期休業期間(年末年始・お盆休み・祝日は除く)や学校行事の代休日、短縮授業にも対応しています。

■ 入学希望者の皆様へメッセージをお願いします。
常に子どもたちにとって、大切なことは何か、必要なことは何かを考え、カリキュラムを作成して、取り組んでいます。
幼稚部から大学院まで、ワンキャンパスの仕切りのない広大な敷地の中で、小学部では、その自然の中、子どもたちののびのびとした生活とともに、多彩なプログラムを組み込んで提供しています。そして、教職員のきめ細やかで優れた指導力に合わせ、今年からコーチングのスキルを取り入れ、子どもたちの学ぶ意欲と力を支える環境をさらに強化し、学び続ける学習者となるように育てます。そしてエビデンスを示し、学習の成果を子どもたちと保護者ともに確認できるようにします。
時代の先を見ながらも、子どもたちを「小さなエンジンを持った人材」として、成長させます。
ぜひ、本校をお選びください。
現在、学校の魅力を動画等で配信しています。そして、個別相談をWebで行なっています。
また、保護者で個別面談をご希望される場合は、個別に対応させていただきます。学校問い合わせメールアドレス(sho@mail2.sagami-wu.ac.jp)にお願いします。

相模女子大学小学部Web説明会はこちら

本日はありがとうございました。
  相模女子大学小学部 概要
相模女子大学小学部 ■所在地:神奈川県相模原市南区文京 2-1-1
■電 話:042-742-1444
■最寄駅:小田急線「相模大野駅」北口より徒歩10分
■HP https://www.sagami-wu.ac.jp/sho/
校長先生インタビュートップ頁へ戻る