お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > 私立小学校校長先生インタビュー > 聖心女子学院初等科
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
私立小学校校長先生インタビュー

校長先生インタビュー

聖心女子学院 大山 江理子 校長先生

聖心女子学院 大山 江理子 校長先生

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科
■ これまでの学校の歴史について教えてください。
日本の聖心女子学院は、1908年にオーストラリアから来日したシスターによって創立されました。今年で創立から112年目となります。現在国内の姉妹校は聖心女子大学を始め、静岡県、兵庫県、北海道札幌市に所在する6校を数えます。
さらに歴史をたどると最初の創立は19世紀フランスに遡り、世界32カ国に拡がる聖心ネットワークを擁しています。創立者聖マグダレナ・ソフィアの教えをどの姉妹校でも大切にして、世界の聖心の一員の意識を共有しています。アフリカや南米も含め、世界各地に姉妹校生がいることから、児童・生徒には世界の出来事を自分にも関わることとしても受けとめる、意識の高いグローバルな視点が育っていきます。

■ 建学の精神や育てたい子ども像についてお聞かせください。
建学の精神は創立者の思いを受け継ぎ、祈る心をもって誠実に生きることを大事にします。
教育理念は一人ひとりの存在の大切さに立ち、知性の教育を通して判断力を育て、世界の人々と共に生き、より良い世界に向けて貢献する女性の育成を目指すとしています。
具体的には、魂を育てる、知性を磨く、実行力を養う、という3つの点を教育の方針として掲げています。
一人の人格としてバランスよく、主体的に生きる女子の育成をめざします。
高校卒業時にめざす姿として「18歳のプロファイル」では60項目の学校生活で育てたい力を明確にしています。判断力・責任感のある女子のリーダーシップ育成も重視しています。
「18歳のプロファイル」は、学院ホームベージの「聖心女子学院の教育」内に掲載してありますので、ご関心のある方はご覧ください。

■ 「4-4-4制の教育システム」とはどのようなものですか。
4・4・4制は初等科1年から高等科3年までの12年間を4年ごとの3つのステージに区切り、各ステージで発達段階に適した教育を行う12年間の女子一貫教育です。
小学校6年間の子どもの成長・発達はめざましいものです。特に4年生と5年生の女子においては、発達の段階が顕著に異なります。5年生は子ども時代を終えて思春期に入ります。そのときにセカンドステージとして児童の成長に合わせたより高いチャレンジを与え、発達を促します。
ファーストステージでは基礎を固め、サードステージでは卒業後の進路も視野に入れて個の力を伸ばすという、ステージごと明確な目標のもとに進めます。
4・4・4制は女子校ならではの教育です。

■ 特色あるカリキュラムや授業についてお聞かせください。
授業には必ず考える時間を設け、自ら学ぶ姿勢を育てます。
「みこころの時間」と呼ぶ総合的な学習の時間では、調べ学習や共同学習により好奇心や探究心を伸ばします。5年生の個人研究、6年生の卒業研究では自分で選んだテーマに取り組み、完成後にはポスターセッションやプレゼンテーションで発表力を磨き、言語表現力をつけます。
英語は1年生から週2時間ずつ学びます。質の高い授業により適確な力をつけ、物怖じせず英語でコミュニケーションを楽しみます。
サードステージでは多様な留学機会を設け、海外からの学校訪問も多く、英語を自然に使う機会に恵まれています。
宗教教育・行事は児童・生徒のこれら知的な活動を支える力です。

■女子校の良さはどのようなところにありますか?
女子校では一人ひとりの個性を大切にすることができます。児童・生徒は女子という枠組みにとらわれずに自分自身でいることができます。様々な力をもつ多様な女子がいる環境で、のびのびと自分のやりたいことに取り組むことができます。
進路選択も多様です。理系・医療系を目指す生徒も増えています。
女子だけで何にでも取り組む学校生活を通し、リーダーシップの経験も積みます。将来は人の役に立ちたい、社会に貢献したいという意欲をもって、自分の生き方を考えていきます。
ジェンダーギャップ指数のランクが低い日本の現実の中で、女子校は大きな意義を持っています。学校生活を楽しむ中で自己肯定感が育まれ、意識の高い女子へと成長します。

■学童保育があると伺いましたが、どのような内容で行っておられますか?
2006年に学童保育「ジョアニークラブ」を開設しました。
女性の生き方が多様化し、保護者のお母様にも仕事を持たれる方が増えてきました。社会貢献する女性の育成を教育理念にもつ女子校として、学童保育の開設は使命の一端です。
「ジョアニー」とは創立者が子ども時代を過ごした町の名です。おけいこ事のレッスンなどはご家庭にまかせ、子どもたちに安心・安全で楽しい放課後の場を提供し、親子のよい良い関わり作りの支援を目的としています。施設はキャンパス内の別棟にあります。運営は放課後NPOに委託し、学校の方針のもとで進められています。長期休み中も開室し、今回の臨時休校中も開室しました。時には特別プログラムも楽しみです。

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科
聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科

聖心女子学院初等科
■ 新型コロナウィルスでの休校中は、どのような対応をされていますか?
家庭と学校が連携をとりながら、子どもたちが安心して生活できることをめざしました。
学院ホームページを利用しての連絡、課題配信を行いました。新しい学級担任が各家庭に電話連絡をし、児童本人とも関わりをもつよう努めました。
5月以降はオンライン学習も充実させ、動画配信によって楽しく学習が進められるようにしました。朝の祈りや宗教行事も動画で行いました。ICT教育はこれからの教育に欠かせないとして整備を進めてきた成果です。現在5年生から中等科2年生までがiPad、中等科3年生と高等科1年生がノートPCを全員が所持しています。それ以外の学年でも学校のタブレットPCで活動します。今回の休校期間中には学校のタブレット貸与も行いました。

■ 受験ご希望の方へのメッセージをお願いいたします
聖心生は緑豊かなキャンパスでのびのびと学校生活を送ります。お互い同士、先生とも子どもたちは温かい信頼できる関わりを築いています。今回の休校期間中もお互いの絆を支えに過ごしました。
6月第2週から分散登校を開始し、子どもたちの笑顔が学校に戻ってきました。世界中が新型コロナウィルス感染症という新しい経験に遭遇していますが、大切なことは心と心の繋がりです。お子さんとよい関わりをもち、お子さんの成長をじっくり見守ってください。思い通りにならないことの中でも、お子さんの生きる力を信じて進むとき、お子さんの力も伸びていきます。
6月の学校説明会は、オンラインで行います。児童の学校生活の様子や発表も動画でお伝えします。9月には学院での学校説明会を予定しています。ぜひご参加になり、実際に学校をご覧ください。

本日はありがとうございました。
  聖心女子学院初等科 概要
聖心女子学院初等科 ■所在地:東京都港区白金4-11-1
■電 話:03-3444-7671(代)
■最寄駅:東京メトロ南北線・都営三田線「白金台駅(2番出口)」より徒歩7分
■HP http://www.tky-sacred-heart.ed.jp/
校長先生インタビュートップ頁へ戻る