お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックス [首都圏版(東京・神奈川・千葉・埼玉]
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 お受験インデックス総合トップ > 小学校情報トップ > 私立小学校校長先生インタビュー > 桐蔭学園小学校
総合トップ 小学校情報 幼稚園情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!
私立小学校校長先生インタビュー

校長先生インタビュー

桐蔭学園小学校 森 朋子 校長先生

桐蔭学園小学校 森 朋子 校長先生

桐蔭学園小学校

桐蔭学園小学校
■ 校長先生のプロフィールについてお聞かせください。
東京都出身です。前職は大学の研究者で、生徒や児童の学びの構造やプロセスを解明する学習研究が専門です。都内の中高一貫校からドイツの大学に進学しました。哲学で学士、修士を取得したあとに、人の学びの面白さに気づき、大阪大学でもう一度修士課程から入り直し、博士を修めています。慶應義塾大学、関西大学を経て、この4月より桐蔭学園に着任しました。所属する大学や学校のみならず、日本の教育のあり方を検討する文部科学省等の各種委員も務めています。東京大学情報学環反転学習社会連携講座フェロー、名古屋大学高等教育研究センター客員教員、京都大学高等教育研究開発推進機構外部研究員などを歴任しています。

■ 建学の精神についてお聞きできますか。
1.社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ。
2.学問に徹し、求学の精神の持ち主たれ。
3.道義の精神を高揚し、誇り高き人格者たれ。
4.国を愛し、民族を愛する国民たれ。
5.自然を愛し、平和を愛する国際人たれ。
が建学の精神で、校訓は「まこと」と「強い意志」です。
建学の精神は「自由・求学・道義・愛国」を基本とするものです。2014年に創立50周年を迎えたのを機に、さらに「自然を愛し、平和を愛する国際人たれ」という一項を加えました。この建学の精神のもと、校訓に「すべてのことに『まこと』をつくそう。最後までやり抜く『強い意志』を養おう」を掲げ、世界をリードする人材の育成をめざしています。

■ 貴校が望む家庭像やお子さんはどのようなものでしょうか。
桐蔭学園では、自分たちの力で未来を切り開いていける子どもの育成を目指しております。何を知っているのかではなく、何ができるのか。そのために「わかる」ことで「できる」体験を重ね、「考える」楽しさや自信を得る。そしてペアワークやグループワーク、ディスカッションなどの協働学習をはじめ、調べたり、まとめたり、プレゼンテーションしたりして、児童が主体的・対話的に取り組む「深い学び合い」や「思考をより活性化する」ことを採り入れた取り組みを行います。
保護者の方が、そういった教育方針に賛同していただけることが、学園としては最も嬉しいことです。「皆様のお子様に、将来どういった大人になってほしいか」を強く持っていただければと思います。
お子様に関しましては、知能テスト・総合観察テストともに、「教員やお友だちの話を聞き、それを正しく理解し、考え、行動することができるかどうか」を重視しております。小学校入学後、子どもたちは授業や学校生活において、教員や友だちの話を聞いて、何かを考えたり、創造したりしながら、学びを深めていきます。その素地として、本校では「教員やお友だちの話を聞き、それを正しく理解し、考え、行動することができるかどうか」を重視して考査を行っております。

■ カリキュラムや授業のポイントについてお聞かせください。
「知識量のみでは勝負できない新たな社会で必要となる力を養う」ために、桐蔭学園の初等教育は以下の3つの柱を軸とした教育で、AI時代で輝くために必要となる「論理的思考力」や、「問題解決能力」「コミュニケーション力」を育みます。
 *アクティブラーニング型授業
 *探 究
 *キャリア教育
自ら考え、行動し、仲間に支えられ、失敗をも経験しながら目標に向かって前進する、そのような経験を積み重ねることで子どもたちは「生き抜く力」を身につけていきます。桐蔭学園小学校は、これまで以上に「子どもたち中心の学び」を推し進め、子ども自身が深く考え、それらを発信することを教育の基盤に据えていきます。
そのために、新たにキーコンピテンシー(主な資質・能力)として「思考力・創造力・チャレンジ力・メタ認知力・思いやり・エージェンシー」の6つの力の育成を目指します。
さらに、今秋より学習支援システムの「すらら」を導入し、知識習得や演習について活用する先行学習に取り組みます。AIによる学習診断に基づき、その子に適した教材を提供して「学びの個別適正化」を図りながら、学校の授業では協働学習や探究に重点を置いて、より深い学びに繋げるという、日本の小学校では初めての学習形態となる「ブレンド型学習(Blended Learning)」を実践します。
一人ひとりの子どもたちの個性ある豊かな成長へ中等教育学校とも連携しながら桐蔭学園として『21世紀を生き抜く子どもたち』を育みます。

■貴校ならではの「学校自慢」はございますか。
一つ目は、広大な丘のキャンパスで心豊かに学べることです。横浜市北部の丘陵地帯の一角を占める337,000uにも及ぶ広大な丘が桐蔭学園キャンパスです。幼稚園から小学校・中等教育学校、高等学校、大学まで同じキャンパスで学んでいます。施設も充実しており、桐蔭学園シンフォニーホールは文化・芸術教育の拠点となっています。桐蔭学園アカデミウムには、歴史的な建造物である横浜地方裁判所特号法廷(陪審法廷)、ミュージアム、ライブラリーなどが集中。横浜地方裁判所特号法廷は、昭和5年に横浜市の日本大通りに建造されたものを学園内に移築し、一般公開しているものです。
二つ目は、学園内食堂で調理される給食です。栄養士さん監修のもと、栄養バランスの良い給食を提供しています。学園内食堂で作っているので、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま戴くことができます。
※新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、7月中は盛り付けやすいメニューにするなどの対応もしています。
3つ目は、異学年児童の仲がいい事ですね。 登下校で同じ地区の異学年をそれぞれに1つのグループとし、地区別グループを編成しています。このグループで毎日のように清掃をしています。これにより、上級生から下級生までがみんな顔見知りとなり、仲良くすることができます。万が一、台風や大雪、地震などの災害が予想される場合は、この地区別グループで集団下校をします。

■附属中学校への内部進学制度(推薦入学)について教えてください。
本校6年児童の上級学校への内部進学については、ご家庭からの希望に対し、中等教育学校が示す条件(一定基準以上の学力等)に基づいて小学校が推薦を行います。その推薦内容を基に中等教育学校が入学の合否を判定します。

■ 新型コロナウイルスでの休校中はどのような対応をされていますか?
新型コロナウイルス感染症の拡大により、桐蔭学園幼稚園・小学校では、4月19日よりインターネットを利用した学習支援としてオンライン授業を展開してきました。毎週月〜金曜日の毎朝10時に、学年担当教員よりホームルームメールとその日の時間割での授業動画等を配信してきました。授業動画は毎日3〜4教科ずつ配信し、自宅にいてもできる限り学校と同じように机に向かう習慣をつけられる工夫をしてきました。配信動画数は約1,500本以上にものぼりました。
併せて、毎週1回Zoomを利用したホームルームを各学年・各クラスで実施し、対面授業ができない中でも、友だちとの仲を深めるゲームから学級会のようなものまで、各学年趣向を凝らして実施しました。しかも、6年生は、Zoomを利用した授業にも挑戦しました。また、6年生の企画で、1年生とZoomを使っての交流会も行い、楽しい時間を過ごしました。
加えて、各学年でテーマに応じた週2回の探究学習にもチャレンジしました。
この他、ロイロノートを使った課題提出など、対面授業ができない中でも、双方向でのやりとりができることをめざしています。
その他の取り組みとしては次のようなことを行いました。
「おうちで!みんなで踊ろう! Neo桐蔭ソーラン2020」では、桐蔭ソーランオリジナルの「響煌〜ひびき〜」と「雅陽〜みやび〜」を園児・児童・卒業生がお家で踊り、その様子を撮影した動画を集めて一つの動画にまとめました。8日間で集まった動画は、なんと128本。それぞれのお家で力いっぱい舞う姿は圧巻です。是非YouTubeをご覧ください。
「おうちで!みんなで!歌おうプロジェクト! Neo合唱 in桐蔭 2020」では、前述の「Neo桐蔭ソーラン2020」に引き続き、歌でつながる動画を作成しました。この企画にもたくさんの歌声が届きました。園児から児童、卒業生、保護者など幅広く歌ってくれました。なんと総勢276名です。
また、自宅学習期間の読書活動推進を目的に、ブログ「キリリン図書館ニュース」を開設しました。本の紹介だけでなく、読書活動推進に関わるサイトの紹介や、読書の方法、先生インタビューなども掲載しています。
詳しい内容は本校ホームページの「休校中の取り組み」のページをご覧ください。

桐蔭学園小学校

桐蔭学園小学校

桐蔭学園小学校


桐蔭学園小学校

桐蔭学園小学校
■ 現段階(2020/7)で、入試内容や日程の変更は予定されていらっしゃいますか?
若干の変更を予定しておりまして、現段階の変更を以下にまとめました。
<新型コロナウイルス感染拡大防止による変更点>
募集要閲覧開始日(Web配信のみ):5月21日 ⇒ 6月18日
入試日程:10月22日 ⇒ 10月22日(女子)/10月23日(男子)
面  接:保護者面接あり ⇒ 保護者面接なし
合格発表:10月23日 ⇒ 10月24日
<前年度入試からの変更点>
2021年度入試の募集人数は約70名(男子35名程度、女子35名程度)
(2020年度入試の募集人数は第1回入試/約70名、第2回入試/若干名)

■アフタースクールの内容や利用率はどのくらいでしょうか。
移動のない安心・安全でな環境、校内で活動しています。豊かな学校施設を最大限に活用します。お友だちと学校で過ごせ、異学年とも交流できます。宿題の時間もあり、おやつ提供も行っています。また、いいところを見つける・“好き”を伸ばす多彩なプログラムが用意されています。自分の得意なこと、好きなことを見つけて自信に繋げ、自己肯定感を高めます。興味を広げ、好きなことをもっと深める時間にもなります。
学園の教育方針に合わせた内容での運営ですので、スタッフは先生方に日々の様子を毎日報告し、生活習慣も含め、幅広い活動を連携してサポートすることで子どもたちにとって放課後も充実した時間となるようにしています。
以下にアフタースクールの概要を記します。
運 営:特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール
   (現在、私立・公立20校の小学校・幼稚園のアフタースクールを運営・支援)
開室日:平日の授業終了後から最長18:30まで、長期休暇(一部期間)
閉室日:土日・祝日・学園振替休日
対 象:幼稚園年少児〜小学6年生
会 員:希望入会・有料制(レギュラー利用/スポット利用/レギュラー+スポット利用
    の3パターン)
料 金:別紙参照
利用率:入会率80% 月平均利用者数68人 平均利用者数割合13%
    ※定期プログラムとスペシャルプログラムあり、利用料と別途プログラム費用が
     かかる
    ※下校スクールバスあり(1回300円)

■受験ご希望の方々にメッセージをお願いします。
時代の変化は我々が想像するより早く、人に求められる力もどんどんと変化していっています。平成の30年間でいったいどれだけの「当たり前」が当たり前ではなくなったことでしょう。携帯電話もショートメールが送ることができて喜んでいた時代から、今や世界中とシームレスに動画や大型データを共有することができるまでになりました。では、今の子どもたちが社会で活躍するであろう20年後、30年後はいったいどんな時代になっているのでしょうか?考えただけでもワクワクしますね。
桐蔭学園では、子どもたちが大人になった時、その時代で「生き抜く力」が身につくように、心を育成していく具体的なプログラムを展開しています。知識がたくさんあるから活躍できる時代はAIの登場で終わりを迎え、これからは「自ら考え、判断し、行動できる」力が大切です。単に大学へ進学させる進学校ではなく、大学へ進学後も、学びに向かう姿勢の高さ、社会へ強く出ていける心の強さを持った子どもたちを育てる「新しい進学校のカタチ」を目指します。
その強い志を持った一貫教育の中で、小学校の位置付けを「基礎的な人間形成期」として基礎学力と体力を身に付けることを中心とし、感性の涵養、思考力・判断力・表現力、そして、学びに向かう力等の基礎を育み、中等教育へとつなげます。

本日はありがとうございました。
  桐蔭学園小学校 概要
桐蔭学園小学校 ■所在地:神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
■電 話:045-971-1411(代)
■最寄駅:詳細はホームページのアクセスをご覧ください。
■HP http://toin.ac.jp/ele/
校長先生インタビュートップ頁へ戻る