お受験インデックスは有名幼稚園受験・私立国立小学校受験情報の総合サイト

お受験インデックスは幼稚園受験・小学校受験情報の総合サイト
私立・国立小学校|幼稚園|優良幼児教室 プレミアムバナー
 総合トップ > 小学校受験情報トップ > 小学校検索 > 私立東京都
お受験インデックス総合トップ 小学校受験情報 幼稚園受験情報 幼児教室情報
最新情報 小学校を探す 小学校入試速報 小学校説明会日程 小学校入試日程
小学校何でもランキング! 小学校何でもQ&A! お受験コラム! 入試ってどんなことをするの? 入試お役立ち情報!

川村小学校校章

川村小学校
感謝のきもち、ここから。

私立東京都

■校長名 川村 正澄 先生
■所在地 〒171-0031 東京都豊島区目白2-22-3
■電話 03-3984-8321 / ■ファックス 03-3984-9131
■最寄駅 JR山手線「目白駅」徒歩2分
■HP http://www.kawamura.ac.jp/syougaku/index.html
  お知らせ
2019.11.12 NEW 12/5・1/17 第U期一般個別審査
2019.03.18   2020年度説明会等の日程を掲載!
2018.06.13   「運動会」を取材!
2018.03.13   説明会・公開授業・入試日程掲載!
2017.07.08   「縁日あそび」を取材!
2017.04.19   2018年度 募集要項を掲載!
2017.03.14   2018年度 説明会日程を掲載!
2017.01.17   第U期C一般個別審査のお知らせ!
2016.11.15   第U期一般個別審査のお知らせ!
2016.07.12   「中・高 部活への参加」を取材!
2016.04.20   2017年度 説明会日程を掲載!
2015.11.09   第U期一般個別審査のお知らせ!
2015.08.31   2016年度 入試日程を掲載!
2015.03.19 「ひなまつり・6年生を送る会」を取材!
2014.11.12   第2期個別審査実施のお知らせ!
2014.08.21   「アフタースクール」を取材!
2014.03.15   2015年度 説明会日程を掲載!


 建学の精神・校訓
川村学園は大正13年(1924年)4月12日、創立者川村文子が、自己の体験に基づく確固たる信念と高遠な理想を現実させるべく「川村女学院」として、創立された。爾来90年、教育内容や施設の充実に努め、現在、幼稚園から大学・大学院までの一貫した教育体系を整えるようになった。創立者は「感謝の心」を基盤に、「女性の自覚」を教育理念として女子教育を実践し、この精神は現在も脈々と継承されている。また、知育・徳育・体育の調和をはかるとともに国際性豊かな女性の育成を理想に掲げ、その現実に邁進している。
 受験をお考えの方へのメッセージ 
 本校では、たくさんの生きた経験をとおして学力の向上とともに情操面、芸術面の発達に重きをおいたカリキュラムを実践しています。6年間取り組む蓼科学習は、長野県にあります学園所有の山荘にて四季折々の自然に触れる体験プログラムを組み込んだ宿泊学習です。学年ごとに活動内容を定め、生きた体験を通じてより学習の理解を深めると共に、家庭を離れて生活することでさらに多くのことを学び、成長する機会にもなります。夏休みには多岐にわたる体験学習を選んで受講する学校開放日を設ける他、希望参加のサマーキャンプ、冬休みにはスキースクールを開催しています。社会科見学では、学年の単元で学習したことを、しっかりと記憶に残せるよう実体験を積む機会としています。また、アゲハチョウを羽化させたり、テラスや屋上菜園で植物を育てたり、新たな発見や好奇心をかきたてていき、そのことをしっかりレポートにまとめる考察を重ねていきます。
 年間行事も工夫を凝らし、行事を心待ちにしながら学校生活が充実したものになるよう取り組んでいます。
 英語授業は、1・2年生は週2時間、3年生以上は週3時間設置。1時間は、ネイティブスピーカーとのティームティーチングにて、原則英語で行います。また、2年生までは、少人数制授業でのより多くのやり取りを楽しみ、「聞きたい」「答えたい」という意欲をかきたてます。3年生からは、ネイティブスピーカーによる授業を含め週3時間に増加します。多くのリスニング、リーディング教材の中で、大意を把握できるようにしていきます。また、文法表現も段階的に習得していきます。希望者には、実用英語技能検定(英検)対策講座を土曜日午後と直前講座を3日間開講し、英検受験を奨励するなか、小学校卒業までに英検3級取得を目指します。
 水泳授業では、室内温水プールを利用し、水泳講師が年間を通し、週1時間の指導にあたり、6年間で4泳法を習得します。
 情報教育では、1年生からタブレット端末(i pad)を使用した授業を展開し、探究心を育んでいきます。5年生になると、一人1台のタブレット端末(i pad)を持ち、より柔軟に、より多角的に学ぶ姿勢を身につけていきます。
 その他、高まる放課後活動のニーズを受け、授業終了後の子ども達の活動を工夫しています。本校では、放課後も学内で安全かつ安心して充実した時間を過ごす事ができるよう、月曜日から金曜日、また土曜日の午後に様々な活動を設定しています。月曜日は、学校開放を行っています。1・2年生は、5時間授業を終え、6時間目に宿題や読書、室内でゲームなどを楽しんだ後、上級生とともに外遊びや、体育館での室内遊び、DVD鑑賞などをし、16時に下校します。さらに、火曜日から金曜日までは、専門講師によるアフタースクール・セミナーを開講しています。低学年は、図画工作・体操・水泳・英語を、3年生からはこれに茶道・華道が加わります。また、4年生からは児童の自主性を活かしたクラブ活動・算数セミナー・英検対策講座と選択肢が広がります。クラブ活動には、12種類(茶道・華道・筝曲・演劇・科学・合唱・家庭科・パソコン・新体操・フットサル・卓球・バドミントン)の中から選んで、全員が必ず参加する必修クラブと、希望者が興味関心にあわせて参加する鶴友会クラブ(バドン・ブラスバンド・書道・家庭科・陶芸・水泳・剣道・フラダンス)があります。そして、算数を少し難しく感じるようになる4年生から6年生を対象に週2回、算数セミナーを行っています。これは、補習的要素を含むとともに、電子黒板を利用して指導することで数学的思考力を助長し、中学数学へのスムーズな橋渡しを目指すものです。同じく4年生から6年生を対象に、英語教育でも紹介した英検対策講座を年間約30回土曜日の午後に開講、直前講座を英検前の放課後に開講しています。以上の学校内での活動が全て終了した後も、提携している隣接の民間学童保育施設(ウィズダムアカデミー)を利用することが可能です。

※個別面談や学校見学をご希望の方は、事前にご連絡をお願い致します。
 教育・指導方針
「感謝の心」を大切にして心と体と頭をきたえ、未来に輝いて生きる女性を目指します。

生き生きとした子(やさしい心)
健やかな子(じょうぶな体)
自ら学び自ら考える子(かしこい頭)

一人ひとりが輝く学校
一人ひとりの思いを大切にし、その個性を生かすことに心がけ、日々の出会いの中での手ごたえを大事にしながら、一人ひとりが輝く学校となるよう努めていきます。

笑顔が光る学校
「ありがとう」の言葉と気持ちを大切にし、その気持ちを言葉として伝えられることに心がけ、日々の挨拶を大事にしながら一人ひとりの笑顔が光る学校となるよう努めていきます。

やさしい心を育む学校
通学班での縦のつながりを大切にし、安心して生活できるように心がけ、上級生と下級生との思いやりを大事にしながら、一人ひとりのやさしい心を育む学校となるよう努めていきます。

自ら学ぶ力を伸ばす学校
学習の基礎基本を大切にし、各教科等での工夫に心がけ、学年としての発達段階を大事にしながら、自ら学ぶ力を伸ばす学校となるよう努めていきます。
 指導のポイント
 ありがとうを大切にする子
 心身ともに健康な子
 ゆたかに感じ、自ら考える子
知徳体 自然に学び、自然とともに生きる力を育む
 特色ある授業
文部科学省指定時間数よりも、年間100時間強、授業時間を増やし、6年間では634時間も多く授業を行っております。これにより、基礎学力の強化をはかるとともに、応用力の育成に力を注いでおります。特に、国語・算数に重点をおき、6年間で国語は121時間、算数は142時間増しの授業を実施しております。
 課外活動
・児童会
 全校の児童をもって構成する児童会を母体とし、各委員会や部会に分かれ、
 児童の自主性を育みながら諸活動に取り組みます。

・部活動
 5・6年生全員が9つの部に分かれ、それぞれ奉仕活動を行います。
 生活指導部、安全指導部、放送部、新聞部、美化部、図書部、保健部、園芸部、会食部

・クラブ活動
 ◎4年生以上の小学生児童で活動。
  水泳、科学、アウトドアスポーツ、パソコン、インドアスポーツ、発明、華道、ゲーム、美術、
  漫画・イラスト、演劇、書道、家庭科、英語、音楽、パズル
 ◎併設の中高生と合同で活動
  水泳・フラダンス・フットサル・書道・陶芸

・ブラスバンド隊
・バトン隊
・合唱隊
 学 費
入学時(4月までに必要な費用)
入学金 300,000円

入学後・年間(4月以降必要な費用・年額表示)

授業料 396,000円
施設費 36,000円
維持費 132,000円
冷暖房費 30,000円
給食費 134,400円
蓼科学習費 19,800円
諸会費等 40,200円
鶴友会入会金 3,000円(初年度のみ)
※上記金額は2019年度のものです。